10月25日から木工事が始まった。
基礎の上に土台を据え付け、柱を建てて梁で軸を組む。
屋根下地まで上棟時に行い、所定の金物で耐震性能を確保する。

10月25日 土台据え準備の墨付け
背の高い金物がホールダウン用金物で、柱と緊結することで直下型地震の引き抜き圧力に対抗する。
勝井工務店より報告
1025

1025-2


土台据え付け
1025-3


床下の通気を確保する基礎パッキンの取り付け
1025-4


土台にアンカーボルトを取り付ける
1025-5


土台据え付け現場風景
1025-6


土台を支える鋼製束
1025-7


大引の間に取り付ける床の断熱材
1025-8

断熱材を敷きつめた上から構造用合板を取り付けて剛床に
1025-10

1025-9


10月26日に建て方を行った
プレカット材の確認
勝井工務店より報告
1026-2


クレーンで所定の位置まで部材を吊り上げて柱を建てる
1026


柱と梁で建物の軸組を構成する
1026-4

火打ち梁の取り付け
面の強度を作る火打ち梁
1026-5


大きな斜め材は仮筋交い
1026-3


屋根の下地づくり
1026-6


屋根下地の野地板を垂木に固定する
1026-7

屋根の下地づくり
1026-8

野地板の上に防水下地のアスファルトルーフィングを施工
1026-12

1026-11


10月27日には耐震性能を確保する金物を取付けた
以下、勝井工務店より報告

筋交いや金物で耐力壁を作る
強度は計算に基づいて算出し、必要な金物の種類や位置、数量が決められる
1027-2


金物の取付
1027


柱の外部から透湿防水シートを取り付ける
1027-3

防水紙を張ったところ
1027-4

防水紙は外から胴縁で押さえて、間が通気層になる
1030-11


胴縁と合板の間の隙間が通気層
1030


1030-2


10月30日には木工事とともに防蟻工事も行われた
勝井工務店から報告
1030-5

シロアリの侵入を防ぐ薬剤を土台、外周部の壁下地、柱から1mの高さまでに噴霧する
1030-8

1030-9

1030-6


10月31日 室内の様子
壁に見えるところは耐力壁
1031-2


現場全景
1031-4

道路側から見たところ
1031-5

屋根下地に取り付ける遮熱パネル
1031-6

1031



■工事スケジュール

11月1日(木)午後 建築確認中間検査及び瑕疵担保保険躯体検査
   2日(金)大屋根 
   7日(水)アルミサッシ搬入 取付
   8日(木)アルミサッシ取付
  12日(月)ウレタン断熱材吹付工事
  13日(火)内部防湿気密フィルム張り
  14日(水)ユニットバス取付工事


*工事スケジュールは工事の進捗状況や天候により、予告なく変更することがあります。
 担当工事に入られる際は、必ず弊社までご確認ください。

 
 

logo